TEL 0470-29-7700
営業時間 10:00~22:00
定休日 日曜


INFORMATION

インフォメーション


東西問わず乾杯は炭酸アルコール・・?

2021年9月30日

 国内では乾杯の音頭で飲む一杯目のアルコールビールが多いですね。海外に目を移してみると、やはりシャンパンスパークリングワインが多いです。ドイツと青島はビールでしょうか。なぜ、乾杯は炭酸アルコールなのか・・? これにはしっかりとした理由があります。乾杯の音頭で飲む様な場と言うのは身近では結婚式・何かのレセプションパーティーなどがイメージとして浮かぶと思います。決してリラックスした雰囲気でないのはわかります。この様な雰囲気を和ませるには炭酸アルコールがもっとも適していると言えます。アルコールでなくてもコーラーやジンジャーエール等も休憩時間に飲みたくなるのは自律神経的にリラックスモードを望んでいる状態、副交感神経優位ですね。飲んだ後に「フ―・・?」と一息つく状態は、副交感神経優位状態ができあがった状態です。この「フ―・・?」他にもタバコの一服・食事の満腹状態・お風呂がこの状態です。「タバコは圧倒的にやめた方がいいです」が、晩酌や外出先でのバイキングでの満腹は時々であれば許される範囲ですね。いつも交感神経優位の緊張状態では心身共に疲れます。1日単位であれば夕方の晩酌・お風呂・・・外出先では満腹の食事・スーパー銭湯で緊張からリラックスモードにシフトするのも健康の為には良いですね。現代病の慢性腰痛症など、要因としてあげられているのが交感神経・副交感神経の自律神経系のスムーズな切り替えができなくなっている事も確かです。

健康の為には緊張状態:交感神経優位リラックスモード:副交感神経優位の拮抗した生活習慣が必要です。仕事から帰宅したらリラックスモードを心掛けて生活してみましょう。