TEL 0470-29-7700
営業時間 10:00~22:00
定休日 日曜


INFORMATION

インフォメーション


労働は運動の代わりになり得るのか?

2021年10月2日

 日常的な運動は健康に良いことが分かっていますが、仕事上の肉体労働の場合は、そうとも言えないようです。先ごろデンマークで行われた研究で、仕事として行う高強度身体活動は、心血管疾患心筋梗塞など)のリスク減少や死亡リスクの減少には結びつかず、かえってリスクが上昇する恐れがあることが分かりました。

デンマーク:労働リスクより

 

 日本では、なかなか労働と運動の比較研究は少ないですが、EU各国では労働者の健康に関しては積極的にデーターの収集がなされています。日本でも「今日は仕事がハードだったから運動はいいでしょう。」よく耳にする話です。ここで労働と運動の違いを比較すると労働における身体状況の変化は血圧上昇・心拍上昇・・運動でも同様の身体状況になりますが、大きく異なるのはメンタルの違いです。仕事が終わり帰宅の際は「今日はトレーニングどうしようか?」ジムに来てみれば、いつもの様にトレーニングを終了して帰宅する事もよくある風景です。トレーニングは積極的身体を動かし規則正しく休息を取るという事仕事では難しいですね。

労働と運動の比較研究からすれば運動効果はリラクゼーションも兼ねる事がわかります。目的は健康・ダイエットなど、いろいろですが、精神的な安定も含めてメリットは大きいですね。ジムまで行く元気の無い時は、ともかく・・・行ってみて本当に気分が乗らなかったらストレッチングデーにしても良いと思います。